2015年

2月

10日

クリエイティブになるための秘訣

この投稿は、Prezi Creativityシリーズの一環で、チーム内がもっとクリエイティブになる、引き続いてクリエイティブ思考を刺激する方法について、実行可能なヒントを述べたものです。Preziではみな、クリエイティビティは成功する仕事環境に欠かせないものと信じています。サンフランシスコ在住ライターのケイティ・モレルが、PreziのCEOピーター・アーバイと座談、皆がもっとクリエイティブにになりうる方法について話をしました。


***


最後にあなたがクリエイティブだったのはいつだったか、次の5秒使って思い出してください。


答えがでましたか?ここ数日以内でしたか?数年?数十年?あなたが最後に真にクリエイティブだと感じた時を思い出すのに困っているなら、それはあなただけではありません。


Preziの共同創設者でCEOのピーター・アーバイはこう語ります。「教育上、また、大人として成長するにつれて本質的に何が起きているかというと、私たちは面白い答えより正しい答えを導きなさいと継続的に教えこまれている。クリエイティブであること、自由に考えることにインセンティブはないのです。」


メディテーション

 

ありがたいことに、ピーターが述べたような状況は変わりつつあり、Preziを含め数々の企業ではクリエイティブに考えることの威力を認識し始めています。しかし、長い間"正しい"答えを求めるために、クリエイティブは二の次と訓練されてきた私たち、今更どうしたらクリエイティブになれるのでしょう?


ピーターは、いくつかアイディアがあって、それは徹底的なセルフケア管理を順守することで始まります。方法はもちろん各々によって異なるのですが、ピーターはメディテーションを生活に取り込むことが必要だということを1年前に学びました。その頃、彼は、彼の返事を必要とする100通ぐらいの重要なメールで目を覚ましていました。

「朝一のミーティング前からすでに急か急かしていました。期待に答えられるのかわからないという気持ちなのです。朝一のミーティングに辿り着いても、ミーティングよりも返答しなくてはならないメールのことにさらに意識がいってしまいました。」とピーターは思い出します。


毎朝5分間だけメディテーションを始めたところ、それが非常に大きな違いをもたらすことがわかったのです。


「たった5分のメディテーションで、毎朝、私は私を取り戻し、朝一のミーティングにはオープンな心持ちになるのがわかったのです。完全なるサイエンスではありませんが、本当に大きな違いがあるんです。」


自分への思いやり


メディテーションは、クリエイティブ思考のために心の解放を助けるのですが、型にはまらない思考を刺激するのはそれだけではありません。自分に思いやりを持つことも重要です。


何かに失敗 - 人生で数々の失敗をする運命にあるとき、そこで罪の意識を抱く人々は、そこから立て直しやゴールを達成できる可能性があまり高くありません。それに代わって、自分への思いやりのメッセージを送れる人は挑戦を続け、成功をするのが上手な傾向があります。

 

思いやりは、自身を解放し、もっとクリエイティブになって、リスクを取り、失敗は単にプロセスの一部分にすぎないということがわかって失敗する手助けになります。


健康的な食事と十分な睡眠

 

睡眠とヘルシーな食べ物がクリエイティブ思考に不可欠である。なぜ?


「夜よく眠れない、よく食べなかったら、冷蔵庫のコーラに手を出しますよね。(注:ピーターのセルフケアへの情熱に感謝。Preziのオフィスには健康的なスナックやほとんど砂糖が使われない飲み物が用意されています)コーラを飲めば、さらに自分に対して不安な気持ちになって、キャンディやドーナツを食べてしまうでしょう。そんな不安は、あなたの長期ゴールに集中する能力やクリエイティブになるのに必要なスペースを奪うのです。自分自身を大事にすることに投資しておけば、誘惑に負けそうな時、ゴールに集中るするためのエネルギーをもっと得ることになるのです。」


クリエイティブになるあなたの秘訣は何ですか?あなたそしてチームには何が効きますか?

Original Prezi blog post: The Secret to Creativity: Self-Care