2013年

5月

21日

プレゼンデザイナーの Preziの作り方#9 「高度な設定」

こんにちは。プレゼンテーションデザイナーの吉藤智広です。

 

今日はより高度なテクニックとして、Preziを作るときの高度な設定方法をお伝えします。

Preziでどんな高度な設定ができるかというと、「テーマカラー」です。

みなさん、Preziのテーマは[テンプレート]→[テーマ]で選択していますよね。

しかし、ここから更に3段階で細かな設定ができることをご存知でしょうか。今日はその詳細を詳しく見ていきましょう。


1. 「Theme Wizard」を使う

[現在のテーマをカスタマイズ]で[Theme Wizard]が表示されます。

 

ここで前回の3D背景をはじめ、背景色・フォント・フレームや線の色を設定することができます。

 

ただし、日本語フォントはこのドロップダウンリストからは選べないので注意。(改良に期待!)

 

2.「Advanced」を使う

Theme Wizard]のカラーパレットにある色だけでは物足りないときには、こちらの設定をしてみましょう。[Theme Wizard]画面の左下で、[Advanced]を選んでください。

「Advanced」設定画面では、各要素のカラーをRGBで設定することができるようになります。

 

さらに「Advanced」設定画面で、3D画像を3枚選ぶことができます。

 

 

3D画像を3枚使ったサンプルがこちら。ズームインする深さにあわせて3枚の背景が切り替わります。

3. CSS Editorで設定

さらに詳細な設定がしたいという場合は、「Theme Wizard」下部中央、「Use the Prezi CSS Editor」をクリック。テンプレートに使われているCSSを編集できる画面が開きます。

編集するにはちょっとしたCSSの知識が必要ですが、慣れればフレームの太さや色、曲線の丸みといった更に細かな設定が自由にできるようになります。

このCSS Editorで最も特徴的なのが、各要素にグラデーション設定ができることです。デフォルトのテーマによってはグラデーション設定がされているものもありますが、ここでは自分で自由に色や透過率を決めることができます。

 

CSS Editorのグラデーション設定を使ったサンプルを作ってみました。CSSの設定値も参考までに。

いかがでしょうか。設定できることは限られますが、Preziの高度な設定方法を使うことで、更に表現の幅が広がります。ぜひ自分だけのオリジナル設定を作ってみてください。

 

4.オリジナルテーマを保存

最後に大事なことをひとつ。作ったテーマ設定は[現在のテーマを保存]を押して[あなたのテーマ]に保存しておくことができます。

一度作成した自分のテーマをいつでも呼び出すことができるのでとても便利です。

 

 

さて、次回はいよいよ最終回。これまでの総まとめと、Prezi活用のヒントをお伝えします。