2013年

3月

25日

プレゼンデザイナーのPreziの作り方#2「文字」

こんにちは。プレゼンテーションデザイナーの吉藤智広です。


プレゼンデザイナーのPreziの作り方」の2回、前回はPreziに触らないまま終わってしまったので、今回からは実際のPreziを使ったテクニックをご紹介していきますね。

 

今日は、Preziで一番使う要素「文字」についてお話したいと思います。

 

Preziでは、日本語が入力できます。特に昨年末のアップデートで日本語のフォントがきれいめのゴシック2種類(※Preziコメント参照)が追加されたので、以前使ってみて「日本語フォントがイマイチで、、」と思った方も、是非また使ってみてください。

現在Preziで使える日本語フォントの種類が全部で5つ(※Preziコメント参照)に対して、英数字だと15種類(ただし、ひとつのプレゼンで使用できるのは上限3種類)です。日本語フォントの数も少なく、組み合わせの自由度もあまりないですよね。そこで今日は、既存のフォントじゃ物足りない!というときのテクニックをご紹介します。

 

ちょっとひと工夫する必要があるのですが、そのためにAdobe Illustratorなどのベクタグラフィックを編集できるソフトウェアを使います。なんだか敷居が高い感じがするかもしれませんが、無料でも高機能なグラフィック編集ソフトウェアもいくつか出ていますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

ちなみに、ベクタグラフィック(ベクタ形式)というのは、点の位置・線の太さ・色・曲がり具合といった情報をデータ化して画像を構成しているものです。これと対になるのがラスタ形式で、こちらは小さな四角い点が集まって画像を構成しています。

 

…文字だとよくわかりませんね。笑。実際に見てみましょう。

拡大した時に、滑らかでくっきり見えるのがベクタ形式、ギザギザにぼやけてしまうのがラスタ形式です。Preziのようにズームイン・ズームアウトを繰り返す動きだと、当然くっきりしているほうがいいですよね。だからベクタ画像を使います。

 

作り方は非常に簡単。編集ソフトで文字を書き、それをベクタ形式の画像で保存して、画像としてPreziに読み込みます。「文字なんだけど画像として読み込む」というところがポイントで、これで事実上フォントの制限はなくなります。僕はファイルサイズが比較的軽く保存できるswf形式をよく使っています。作業手順はこんな感じですね。

ただし、この方法にはひとつだけ欠点があります。

一文字でも文字を直したいときは、そのたびに画像編集ソフトを使わないといけないことです。メンドウですね。笑

 

Preziの「ブラウザ上でいつでもどこでも修正できる」という利便性を犠牲にしたくはないんですが、デザイン上どうしてもフォントにこだわりたいときにはこの方法を使っています。例えば最初のタイトルや、一番伝えたい要素だけでもこの方法で表現することで、他とは違う印象的なPreziにすることができますよ。

 

これからのPreziのアップデートで日本語フォントがもっと増えていくといいですね。

 

今日はこれでおしまいです。次回はPreziの機能を使って絵を描くテクニックをご紹介します。

Preziコメント:昨年末の日本語リリースの際に、商用再配布可能なオープンソースの日本語フォント5種類を導入し、日本語テーマ9タイプの中に埋め込められています。(作成した日本語フォントを無料公開された開発者方々、本当にありがとうございます!)